オフィスでもできる腰痛のストレッチ

オフィスでもできる腰痛のストレッチ

腰痛にはストレッチで血行を改善するのが効果的です。その腰回りの血行をよくするためにトリガーポイントのまわりのマッサージやストレッチ、整体、針治療、電気治療、入浴などが腰痛に効果があるといわれています。有酸素運動をして全身の血行を促進することでその部位から痛みを和らげる効果もあります。

その中で最も手軽なのは、道具のいらないトリガーポイントまわりのストレッチです。オフィスでも短時間で行うことができます。

たとえば、座ったままできる腰痛解消ストレッチとして、ハムストリングのストレッチがあります。イスに浅く座って片膝を伸ばし、伸ばした側の足に両手を沿わせてゆっくりと上体を前に倒して行きながら、腿裏の伸びを感じてきたら、その痛みを感じる直前の位置で30秒間じっとします。その後、反対側の足も同様にストレッチしましょう。

また、臀部のストレッチでもイスに浅く座って反対側のかかとをのせ、床についている足の方の膝裏を両手でつかみ、上体を前に引きつけながら、おしりが伸びているのを感じてきたら30秒止めて、反対側も同じように行います。

さらに、腰部のストレッチもあります。イスに座って両足を腰幅に広げ、上体を右にひねって左手で右ももの外側をつかんだ状態で身体を右にひねり、30秒間止めたままにして、反対側も同じようにストレッチします。