病院での腰痛治療

病院での腰痛治療

腰痛は自分で治せる場合もありますが、あまりにひどいと病院での治療をお勧めします。まず、大きな病院に行くべきか、個人病院でいいのか迷うと思います。ただ言えるのは、大きな病院だから自分の腰痛に最適かというと実はそうではありません。

最初から大きな病院にかかるのはあまりおすすめできません。まずは近所の個人病院に通院してどの程度、自分の腰の状態が悪いかを診断してもらい、さらに精密検査や手術などが必要な場合は総合病院に行くために医師に推薦状を書いてもらうという方法がベストです。大学病院では、研修医が担当することもあるので、あらかじめ個人病院で大学病院の医師をピンポイントで紹介してもらい、その紹介状を持参したほうがいいです。

一方、病院選びの参考になるのは、クチコミや看板、タウンページなどになるかと思います。口コミは注意が必要です。たとえば、すすめてくれた人にとっては腰痛で最適な治療を受けられたとしても、自分にとっては最適ではないかもしれません。いい病院とは何がいいのか人によって基準が異なるからです。それは腰痛に限りません。自分で判断して足を運んで確かめるのが一番です。

なお、病院での腰痛治療は段階的に行われます。投薬・リハビリがダメだと筋肉注射、ブロック注射となり、最後が手術です。