腰痛と椎間板ヘルニアの関係

腰痛と椎間板ヘルニアの関係

ヘルニアとは、臓器の一部が本来あるべき腔から逸脱した状態のことです。特に、椎間板ヘルニアは腰痛と深く関係があります。椎間板ヘルニアの症状は、腰から足の先にかけてしびれや痛みを生じたり、筋力が低下したりなど。また、せきやくしゃみだけで激痛が起こったり、神経根を圧迫して坐骨神経痛などの症状を引き起こしたりします。椎間板ヘルニアがひどくなると排尿できなくなることもあります。

つまり、腰を曲げないと痛みで立っていられないほどの腰痛と下肢の痛みが見られます。そして、前傾姿勢やイスに腰掛けているのが辛くて横になっているのがラクという症状もあります。

椎間板ヘルニアになる原因は、加齢によるものだったり、背骨に予想以上の力がかかったりしたことです。椎間板の中心部にある髄核が弾力性を失って、繊維輪に亀裂が生じて髄核が繊維輪を破って飛び出し、神経を圧迫した結果、椎間板ヘルニアになります。この椎間板は、年齢とともに衰えてきます。20~30代の軽作業、たとえば事務、運転、セールス、看護、家事などに従事する人に多いです。

そして、椎間板ヘルニアのタイプとして、繊維輪に亀裂が入って中の髄核が繊維輪を完全に飛び出す「脱出型」、飛び出た髄核のかけらが椎間板の中にある髄核と分離してしまう「完全脱出型」、繊維輪に亀裂がなくて髄核が繊維輪から飛び出さず、髄核と繊維輪が一緒に膨れ出る「膨隆型」があります。