腰痛と筋肉の関係

腰痛と筋肉の関係

腰痛になる大半の原因は、筋肉疲労からくる腰痛症といわれています。腰の骨からくるのではなく、運動不足、ストレス、そして慢性疲労が腰痛の三大要因。その他にも腰痛症は、姿勢が悪かったり、肥満だったり、筋肉が弱かったりして起こるといわれています。

そもそも腰痛症は、X線写真では異常が見られず、内臓などにも原因がないにもかかわらず、腰が痛いというケース。たとえば、ずっと同じ姿勢で背骨の筋肉が緊張するような姿勢を長い時間にわたってとり続けると、筋肉がこわばってうっ血し、腰に痛みを起こします。

腰痛になる人で多いのが、中腰の姿勢で仕事をしたり、長時間座っている仕事をしていたりといった場合です。腰まわりの筋肉が疲労していき、それが積み重なって起こるといわれています。

腰痛は、生活習慣が原因です。この生活習慣を普段から改めることが腰痛の改善に一番効果的です。逆に、生活習慣を改めない限り、腰痛は何度でも再発するのでくれぐれも注意が必要です。

まず、腰痛にならないためには、身体の姿勢をよくすること。そして、できるだけ毎日、体操を続けることが腰痛の予防につながります。腰痛と身体の筋肉の関係はとても深く、体操によって筋肉のコリをほぐすだけではなく、血液が身体を循環するのを助け、さらに筋肉を強化して腰痛の再発防止にも効果を発揮します。