腰痛防止の秘訣

腰痛防止の秘訣

現代人は生活の中で、腰痛の原因が多く存在しているといっても過言ではありません。たとえば、運動不足、姿勢の悪さ、肥満、急な過度の運動、ストレス、疲労、ハイヒール、同じ姿勢で続けるデスクワークなどです。

とはいえ、仕事などで避けられない人もいるはず。おすすめなのが、腰痛防止のストレッチです。6種類あって継続すると血行が良くなって腰回りが軽くなります。お風呂上りなどにぜひ試してみましょう。

まず、①畳の上に仰向けになって膝を立てて両手は首の後ろで組んでそのまま4、5回深呼吸する、②この体勢で腹部に力を入れて腹筋を3~5秒緊張させてその後に力を抜く、繰り返し10回する、③最初の体勢で上半身を起こし、肩を床から25cmほど持ち上げて5秒間静止するのを10回繰り返す、④両手を腹部に乗せて背中と腰を床に付けたままお尻だけを床から持ち上げて5秒静止して、お尻を上げたり下げたりの繰り返しを10回、⑤上体を起こして両膝を抱え込んで脇の下に5秒間、10回繰り返す、⑥仰向けになったまま片方ずつ足を交互に持ち上げるのを10回程度。

腰の筋肉は日常生活で使わないと衰えて、腰痛になりやすい身体になります。普段から意識的にストレッチしながら腰痛予防を心がけましょう。