腰痛に効果あるマッケンジー体操

腰痛に効果あるマッケンジー体操

厚生労働省の国民生活基礎調査によると、腰痛は日本人が訴える不快症のナンバー1だそう。腰痛の原因はさまざまで病院で治療しても手術しても治らない人が多いのは事実。

そんな中、腰痛に効果があるといわれる「マッケンジー体操」が話題を集めています。

マッケンジー体操とは、ニュージランド人の理学療法士ロビン・マッケンジー氏が考案した腰痛体操のこと。誰もが自宅において無料で行うことができ、特別な道具などは不要です。特に、椎間板ヘルニアにマッケンジー体操が大きな効果を発揮したという評判もあります。

たとえば、マッケンジー体操を行うと、足腰の痛みやしびれが軽くなって、椎間板ヘルニアが手術なしで痛みを感じなくなったという体験談も。腰痛が体操だけで治るのは確かに魅力的な話。     

マッケンジー体操は、腰を後ろに反らす後屈体操を行うことで、腰痛を治すのに最も効果を発揮します。まだまだ日本の従来の医学での常識では受け入れられていませんが、だんだんクチコミなどでその好評ぶりは確実に広がっています。

なぜマッケンジー体操が効果あるのかというと、腰痛の根本原因を的確に突いているからです。というのも、大多数の腰痛は腰椎(背骨の腰の部分)の前弯(前方に弓状に力‐ブすること)の消失が原因。マッケンジー体操は、腰を後ろに反らして腰椎前弯を取り戻します。