腰痛とすべり症について

腰痛とすべり症について

すべり症は、正式には脊椎すべり症、または腰椎すべり症といい、腰痛症のような痛みがあるものの、激痛が伴うような痛みはほぼないのが特徴です。ただ時々、下肢に痛みやしびれが見られます。

腰椎すべり症は、椎体が直下の椎体に対して前方にすべっている状態の総称。椎間板の老化や脊椎が分離することによって起こるとされています。すべり症にはさまざまな種類があって、前屈位で腰への突っ張り感や不安定な感じなどを感じると「腰椎分離すべり症」、長時間立っていることで起こる腰痛、臀部の痛み、下肢のしびれが出ると「腰椎変性すべり症」、形成異常による出っ尻のような姿勢、腰痛・下肢痛などが起こると「腰椎分離すべり症」などです。

椎間関節性腰痛症は、中年以降に多く見られて、腰椎の関節が炎症を起こして出る症状。腰が痛くて朝起き上がりづらいものの、一度起き上がると体を動かしているうちに痛みが感じなくなります。また、根性腰痛症(坐骨神経痛)は、腰椎椎間板ヘルニアが原因であることが多く、脊髄や神経根の圧迫によって発症してお尻や脚への痛みが出ます。

一方、シュモール結節は、椎間板ヘルニアの椎体内(上下方向)に脱出して起こるものの、神経への圧迫はなし。さらに、骨粗鬆症(脊椎圧迫骨折)は、年配の女性に多く、背中や腰部に痛みが現れて脊柱の圧迫骨折が重なると背中が丸くなります。加齢が原因でカルシウムが少なくなって骨がスカスカ状態になり、少しの負担がかかっただけで骨折してしまう状態です。