妊娠中の腰痛について

妊娠中の腰痛について

女性は妊娠すると、腰痛に悩まされる人も増えます。なぜなら、妊娠すると腰痛をはじめ、足の付け根が痛くなるなどの症状が出る人もいます。妊娠するとお腹がどんどん大きくなり、その分、腰に負担がかかってくるのも事実ですが、実はお腹が大きくないうちでも腰痛に悩まされる妊婦さんもいるのです。

妊婦さんが腰痛になる原因は大きく2つあります。1つが妊娠に伴うホルモン分泌の影響。もう1つが、お腹が大きくなることで重心が変わり、筋肉の疲労が回復しにくくなったり、関節への負担が強まったりします。

ホルモンに関してですが、妊娠するとリラキシンというホルモン分泌が盛んになります。このリラキシンとは、骨盤のじん帯をゆるませて赤ちゃんが狭い骨盤をスムーズに降りてくるように作用するホルモン。じん帯は通常、関節を支えているものの、じん帯がゆるむと支えが府探偵になってそのまわりの筋肉が緊張し、さらに骨盤まわり、腰部、股関節などの関節が不安定になって腰痛の発症につながってしまいます。

この妊娠中の腰痛対策としては、妊娠前からできるだけ体を動かして腰を支える筋肉の血流をよくし、疲労をためない体にするのが一番。そして、妊娠後もできるだけ体を動かすのが大事です。