妊娠すると腰痛になりやすい

妊娠すると腰痛になりやすい

女性は妊娠すると腰痛になりやすくなるといわれています。その1つに、お腹が大きくなってくると体の重心が前に移り、バランスを取るために上体を反らした姿勢で立ったり歩いたりするようになるからです。そして、背中や腰の筋肉に負担がかかって腰痛になるわけです。

一方、別の原因もあって、妊娠中は胎盤から分泌されるホルモンの影響で骨盤の関節や靭帯がゆるみます。お腹を支える力が弱くなって腰の筋肉にさらに負担がかかるのも原因。そして、自分の体に加えて赤ちゃんの重さも支えているので、腰痛になる妊婦さんが増えるわけです。

実際のところ、妊婦さんの半数以上が腰痛に悩んでいるともいわれています。しかし、腰痛そのものが出産に悪い影響を及ぼすことはありません。また、出産後に腰痛が治ってしまうことがほとんど。

日常生活で腰に負担がかからない姿勢を心がけたり、痛みのある時は筋肉を休めたりするなど、腰痛と普段からうまく付き合っていくことが大事です。日頃から筋肉を鍛えるようにすると腰痛の予防、解消にも役立ちます。