妊娠中の腰痛とその原因

妊娠中の腰痛とその原因

女性の腰痛で最も多いのが「妊娠中の腰痛」です。妊娠中の腰痛は大きく2つの原因があります。ホルモンによる影響と、姿勢的(生体力学的)による影響です。

まず、ホルモンによる影響は、女性ホルモンの1つである「リラキシン」が関係しています。リラキシンは卵巣ホルモンの一種で、「月経前」と「妊娠3ヶ月~産後2‐3日」に分泌されます。リラキシンは「関節を緩める」作用があり、赤ちゃんの出産をスムーズにするために、特に骨盤の「恥骨結合」という部分を緩めるのがリラキシンです。

出産時以外でもリラキシンの分泌によって、月経前、特に妊娠中から産後にかけて骨盤に限らず、体中の関節をゆるめる可能性もあります。中でも、関節を強く支えている「靱帯」 をゆるめ、関節の動く範囲が過剰になったり、関節を支えるために筋肉・腱・関節へのストレスが大きくなったりします。

一方、お腹がどんどん大きくなることでも腰痛になる人もいます。自分の身体と赤ちゃんの身体の両方を支えないと行けないので腰に大きな負担がかかります。バランスを取りながら立ったり歩いたりしてもお腹が大きくなると足元も見えなくなることもあってとても大変です。その結果、腰痛になってしまうわけです。