マッケンジー法による腰痛治療

マッケンジー法による腰痛治療

マッケンジー法は、ニュージーランドの理学療法士であるロビン・マッケンジー氏が考案した腰痛治療方法。しかし実は、マッケンジー氏が患者に誤った治療法を指導したところ、信じられないほど腰痛が回復をしたことで、この方法を研究して実際の治療に使用したことが始まりといわれています。

そのため、マッケンジー法は現在の日本における腰痛治療ではまだ確立した腰痛治療とはまだ言えず、試験的に行われている状態。一方で、マッケンジー法はアメリカやイギリスなどではすでにポピュラーな腰痛治療方法として浸透しています。

日本では、マッケンジー法はまだまだ効果と理由が立証できないとして、腰痛の治療方法としてはあまり認識されていません。ただ長年、腰痛に悩んでいる人が痛みを解消したという実績もあります。

マッケンジー法は口コミで広まりつつあります。しかも自分で家でもすることができることも好評の理由な1つです。

ただ、マッケンジー法は非特異的症状の腰痛、つまり何が原因で腰痛になっているかわからないというような症状に対して大きな効果が見られ、逆に、椎間板ヘルニアなどの診断がはっきりしている腰痛の場合、医師と相談しながら行う必要がありそうです。というのも、ヘルニアと診断されるほど椎間板が突出している場合、マッケンジー法を行うとさらに椎間板が出てしまうという可能性もあるからです。