腰痛に効くツボを知っておこう

腰痛に効くツボを知っておこう

人間の身体には「ツボ」が360あまりあるそうです。その中には、腰痛に効くツボも存在します。特に、ツボ押しは寝る前に行うとより効果があるといわれていますので、ぜひ実践してみませんか。

たとえば、腰痛に効くツボで有名なのが「大腸兪(だいちょうゆ)」です。位置は、ウエストのラインにある背骨から左右外側に指2本分のところ。腰痛や坐骨神経痛、大・小腸疾患に効能があるそうです。親指の腹を体に対して垂直に入れてゆっくり力を抜いていきます。

また「腎兪(じんゆ)」は、大腸兪の指幅3本分上にあって、効能は腎疾患、腰痛、膀胱、生殖器疾患など。大腸兪と同じ押し方をします。「志室(ししつ)」は、腎兪から指幅2本分外側にあって、腰痛や坐骨神経痛、胃腸炎、全身の疲労感に効果あり。親指で内側に向けて押すだけでOK。そして「殷門(いんもん)」は、大腿後面のほぼ中央にあり、坐骨神経痛・下肢麻痺に効能があるツボで、軽い力で持続的に行うのがベスト。「帯脈(たいみゃく)」は、脇腹ウエストのラインにあり、効能としては、腰痛、月経痛、月経不順、下腹部痛などで、親指の腹で力を入れすぎずに押します。

一方、手の甲にあって腰痛に効くツボは、たとえば「腰腿点(ようたいてん)」です。人さし指と中指、小指と薬指の間を上になぞっていって骨が交差するところで、まさに腰痛に効果ありです。骨に指先を食い込ませる感じでゆっくりと押します。

さらに、足にある腰痛に効くツボとして「委中(いちゅう)」、「照海(しょうかい)」、「曲泉(きょくせん)」などもあります。