腰痛で下腹部痛を感じたら

腰痛で下腹部痛を感じたら

腰痛から下腹部痛を感じたら「子宮筋腫」の疑いがあります。

子宮筋腫は、主に子宮筋層内の平滑筋成分から発生して、エストロゲンといわれる女性ホルモンの働きによって発育する良性腫瘍です。婦人科の腫瘍の中で最も多く、発生頻度は30歳以上の女性で20~30%とも推測されます。

子宮筋腫の大きさは、顕微鏡的なサイズから数十cmにまで達する硬い球形のこぶまでできることも。こぶは1個から数個できるのが通常。筋腫の90%以上は子宮体部に発生し、残りは子宮頸部に発生します。筋腫ができる部位によって3タイプがあり、内側の子宮内膜に向かって発育したものを粘膜下筋腫、筋層の中で発育したものを筋層内筋腫、子宮の外側に向かって発育したものを漿膜下筋腫といいます。

そして、子宮筋腫は、粘膜下筋腫や大きな筋層内筋腫の場合、筋腫がある部分の子宮内膜が薄くなってうっ血、壊死、潰瘍などが生じて月経の出血量が増えるため、貧血や動悸、息切れなどの症状で筋腫が発見されることが多いです。

また、子宮腔の変形による月経血の排出障害、筋腫の変性・感染、漿膜下筋腫の茎部のねじれなどによって、月経時に下腹部痛や腰痛で自覚することも。筋腫が巨大になって骨盤内が筋腫で占められるようになると神経を圧迫して腰痛を起こすこともあります。