腰痛と足のしびれについて

腰痛と足のしびれについて

足のしびれとともに、腰痛が起こったり、腰がだるくなったりという症状が出ることがあります。そして、椎間板ヘルニアやぎっくり腰などは痛みが伴うので、病院に行くと足のしびれとともに腰痛についても相談できるでしょう。腰痛と足のしびれの関係は、意外とやっかいなこともあります。

足のしびれと腰痛が起こった時、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症などが原因となっている場合があるので注意が必要です。一方、腫瘍ができている場合にも、手足のしびれを感じることがあるので湯注意です。

もし腫瘍や血腫ができた場合、腫瘍や血腫が存在することで刺激する神経においてしびれなどの知覚異常が起こるはず。最近、高齢者を中心に脊柱管狭窄症の人もだんだん増えています。この脊柱管は背骨を通って神経を囲んでいる管です。脊柱管が細くなって神経を圧迫し、足のしびれや痛みなどの症状が出るわけです。

椎間板ヘルニアやぎっくり腰は通常、痛みを伴うので、病院に行った時に医師にいろいろ相談することをおすすめします。ただ、変形性脊椎症や脊柱管狭窄症は、椎間板ヘルニアのような激痛ではありません。ただ、いずれにせよ早めに医師の診断を受けるにこしたことはありません。