妊婦が腰痛になりやすいのは

妊婦が腰痛になりやすいのは

女性は妊娠すると腰痛になりやすいといわれています。その原因はまず、妊娠中に産道を広げようと、妊娠4週ごろから胎盤のもとになる「絨毛」という組織から大量の”リラキシン”というホルモンが分泌されるからです。

このホルモンの作用で骨盤を支えているじん帯がゆるんで骨盤がグラグラになってきます。さらに、自らの体に加えて、赤ちゃんはどんどん大きくなっていくわけですから、両方の負担が腰にかかります。

ただ、ホルモンの分泌量、その効き方には個人差があって一概には言えません。さらにもし双子だと、大きな胎盤からたくさんのリラキシンが分泌されたり、40歳近い年齢で靭帯が脆弱になったりしている女性は”重症”になるケースが多いようです。 

では、妊婦になってもできるだけ腰痛を解消するにはどうすればよいかというと、まず、冷え性やお腹の支えには、お腹の皮膚に跡が付かない程度のソフトな下着か腹帯をつけるのがおすすめ。一方、腰痛の人は、さらしを三つ折にして恥骨と尾てい骨を押さえるようにしてしっかり巻いて、残りは下腹を持ち上げるように巻くのがポイントです。腰痛を和らげて妊娠中毒症を引き起こさないものとして「トコちゃんベルト」、腰部保護プロテクター(犬印)の2つがおすすめ。

それでも、腰痛があるとお腹が張りやすくなってお腹も痛むことも。あまりに我慢できないなら医師に相談しましょう。