妊婦の腰痛は出産後に治る

妊婦の腰痛は出産後に治る

女性は妊娠するとたくさんの妊婦さんが腰痛に悩んでいます。赤ちゃんが大きくなるとお腹の重みで腰に負担がかかります。ただし、お腹が目立たない妊娠初期にも腰痛に悩まされる妊婦さんもいます。

まず、妊娠中の体重増加によって腰への負担が増え、身体が自然にバランスを取って守ろうとするので背骨が「く」の字に湾曲し、椎間板などに負担がかかって神経を圧迫して腰痛になります。

一方、妊婦の腰痛にはホルモンの影響もあります。妊娠すると出産時に赤ちゃんが骨盤を通るのに備えて、骨盤まわりを支える靭帯をゆるめるホルモンが分泌されます。靭帯がゆるむと骨盤まわりを支える筋肉のバランスが崩れて腰痛が起こりやすくなります。このホルモンは妊娠初期から分泌されます。

ほとんどの妊婦さんが腰痛を経験します。そのレベルもさまざまです。特に、妊娠前から腰痛があったり、猫背や骨盤がゆがんでいたり、妊娠中の体重増加が激しかったりすると、より腰痛になりやすいとのこと。腰痛の予防には、普段から姿勢を正しくする、腰まわりのストレッチや筋肉を鍛えることが大事です。楽な睡眠姿勢も心がけましょう。

ほとんどの場合、妊婦の腰痛は出産後に治りますのであまり深刻に悩まないようにしてください。