右側腰痛への対策

右側腰痛への対策

腰痛になった人の中には、右側の腰だけがすごく痛いという症状が見られることもあります。右側だけ、または左側だけ痛い腰痛というのは決して珍しいものではありません。

まず、腰痛には、腰の右側だけが痛い、左側だけが痛いといった症状はよくあることです。考えられる原因としては椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、背骨の歪み、脊柱管狭窄、骨粗鬆症などがあります。

どうして片側の腰が痛くなるのか。実は、片方の神経が圧迫されているのにほかなりません。たとえば、ヘルニアの場合は髄核が飛び出す方向によって圧迫される神経の場所が違います。同様に、坐骨神経痛の場合もです。

もしも、右の腰だけが痛いなどの症状が出た時、できるだけ座った時の姿勢に気をつけてみたり、お風呂に入った時にしっかりと患部を温めてみたりするなどの対処を試してみてはいかがでしょうか。ただ注意しないと行けないのは、ぎっくり腰の場合は腰を温めては決して行けません。

左右の腰どちらかのみが痛い症状は本当に珍しくりません。もし、痛みがそれほど激しくないならば、あまり心配しすぎずに安静にすることをおすすめします。