左腰痛について

左腰痛について

腰痛の中には、右側だけが痛かったり、左側だけが痛かったりといった症状が出ることがあります。左腰痛について、その原因の1つと考えられているのは「膵臓」に問題が出ていることがあげられます。たとえば、甘いものをたくさん摂取すると膵臓に負担がかかって、腰の左に痛みが出ます。

また、体の筋肉のバランスや使い方により、片側に過剰な負担がかかっている場合もあり、そのために左だけに腰痛が偏ってしまうことも。この場合、筋肉を左右均等につけることが左腰痛への治療や予防として効果があります。ただ、すでに痛みがかなり激しい場合、その運動などが逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。

さらに、左腰痛が最後に残った場合、右肩上部肩根点に強い圧痛があり、右三角筋にも緊張がある。また、ふくらはぎがむくんでいて、左第2、3腰椎際の脊柱起立筋も硬いことがあります。しかも、骨盤と第5腰椎の間を圧すと左右ともに詰まっているならば、坐骨神経症の症状でなくても、ふくらはぎがむくんでしまうことも。

左腰痛を感じたら、激しい痛みの場合は真っ先に腰痛に詳しい医師らに相談して治療を受けましょう。また、あまり激しい痛みではなくても安静にした方がいいと思います。