腰痛になったら整形外科へ

腰痛になったら整形外科へ

いったん腰痛になると、腰の痛みが起こってから数日間、無理をしないで安静に過ごしているとその痛みはかなり改善されていくはずです。でも、いくら安静に過ごしていても腰の痛みがマシにならなかったら、病院にかかることをおすすめします。

腰痛はどの科になるのか。腰痛そのものは外科的なものをはじめ、内科的な疾患が原因となって起こることもあります。しかしまず腰痛が起こったら整形外科を受診しましょう。整形外科が扱う疾患の中で、腰痛は最もメジャーな症状です。そして、整形外科医が得意な分野でもありますから、多くの医師が対応してくれるはず。

一方、腰痛が緊急を要するものかどうかはその症状によります。たとえば、転倒や転落など明らかな外傷で腰痛が起こった時、腰痛以外に熱がある、おなかが痛い、おしっこが赤い、おしっこが出にくい、足がしびれる、足の力が弱い・・・などの症状を伴う場合、すぐにでも整形外科を受診してください。

最も危険なのが、急激な痛みに伴って排尿できなくなったり、尿意を感じないなど膀胱や泌尿器に症状が現れたりした時です。緊急を要するので、放置したままだと一生、排尿障害が残る可能性があります。