左側の腰痛は「坐骨神経痛」の可能性

左側の腰痛は「坐骨神経痛」の可能性

腰痛の症状はさまざまです。腰全体が痛いこともあれば、腰の下のほうが痛かったり、おしりに近いところが痛かったり。さらに、腰の右だけが腰痛、腰の左だけが腰痛といった部分的な腰痛も実はあるのです。

もし、右側もしくは左側が腰痛の人は、椎間板ヘルニアもしくは坐骨神経痛の可能性があります。

坐骨神経は、第4・5腰神経と第1~4仙骨神経から始まって”梨状筋”というおしりの奥にある筋肉の下を通って太ももの後面中央部あたりを下降している、人体で最も大きな神経の1つです。坐骨神経痛の原因は1つではなく、最も多いのがこの梨状筋がなんらかの理由で肥大して坐骨神経を圧迫したことで起こる場合です。ヘルニアと坐骨神経痛を併発することも。

そして、坐骨神経痛の特徴は、ヘルニアと同様に足の痺れ、仰向けに寝て足をまっすぐに上げられないなど。また、体が左側もしくは右側に傾いて腰の痛みが左右どちらかに痛みを感じることも。体の傾きは痛みが和らぐにつれて少しずつ引きますが、長い間体が傾いていると背骨が曲がることもあります。痛みが引いた後、カイロプラクティックなどで治療するのもおすすめです。

この坐骨神経痛の治療はまず安静にすること。痛みが引いてきたら、整体などに行ってもいいでしょう。マッサージや鍼灸なども効果があり。坐骨神経痛は、痛みを取り除くことが最優先、原因の除去はその次、さらに防止策を行います。