腰痛に効果あるストレッチ

腰痛に効果あるストレッチ

腰痛体操、もしくは腰痛ストレッチというものがあります。イスに座ったままずっと同じ姿勢で長時間仕事をしていると、腰の筋肉が硬くなっていき、筋力が衰え、血行も悪くなります。筋肉が弱っていくと上半身を支えている力がすべて腰の骨にかかるようになり、骨に障害が発生して腰痛の原因になります。

腰痛を避けるために、仕事の合間にできるストレッチ体操は腰痛を改善する効果があります。軽くストレッチするだけで筋肉をほぐして血行を良くし、新陳代謝を高めて腰痛を改善します。

たとえば、腰と背中を伸ばす体操。イスに浅く腰掛け、股を開いて背筋を伸ばし、息を深く吸い込みます。息を吐きながらゆっくり頭が両足の間に入るほど上半身を曲げて3つ数えてゆっくりと上半身を戻します。

また、上半身前面と腰、背中を伸ばす体操では、同じくイスに深く腰掛け、背筋・両腕・肘を伸ばします。息を吸いながら上半身をゆっくり後ろに反らせていき、息を止めて3つ数えたら息を吐きながら元の姿勢に戻します。

さらに、腰と太ももの裏を伸ばす体操は、イスに深く腰掛け、左ひざを両手で抱えて胸につけるくらいにまで引き上げ、3つ数えたらひざを下ろします。右足も同様に行います。

ほかにも、腰の筋肉を伸ばす体操、背筋を伸ばす体操、足から首まで体の前・後面を伸ばす体操、ひざの裏側を伸ばす体操などもあります。