生理と腰痛の関係

生理と腰痛の関係

生理(月経)に伴う腰痛は、大きく2つに分けられます。「月経前緊張症」と「月経困難症」です。

まず、月経前緊張症は、月経開始の数日前から始まります。下腹部膨満、腰痛、吐き気、めまい、全身倦怠、不安などの症状が人それぞれ違って起こります。ただし、月経の始まりとともに軽減・消失するものです。

原因は、ホルモン分泌の問題です。月経時の痛みには”黄体ホルモン”が影響します。黄体ホルモンは子宮からプロンスタグランジンという子宮を収縮させる物質を分泌するので、この物質の分泌が多いと、下腹部の痛みや腰痛を感じることがあります。普段から予防ケアが再発防止に望ましく、鍼灸やマッサージ、カイロプラクティックなどを受けるのをおすすめします。また、精神的な問題や自律神経的な問題、子宮や卵巣などからくる問題が原因のこともあります。

一方、月経困難症は、月経時に伴う腰痛、下腹部の不快感、下腹部痛が治療を必要とするほど強い場合です。けいれん性の下半身痛が背中や太ももへ広がって精神面の症状を伴うことも。月経が終了すると、これらの症状は軽減・消失します。

この原因は、思春期の少女に多い機能性の問題、子宮や骨盤などに痛みがある器質性の問題、さらにホルモン分泌の問題であることもあります。