腰痛による足のしびれ

腰痛による足のしびれ

腰痛で足のしびれを感じることがあります。人によっては、とてもつらい症状になる場合もあります。足のしびれによる症状は、腰の痛みとは異なって、痛みよりもむしろしびれによって「気持ちが悪い」と感じる人もいます。この足のしびれは、坐骨神経痛につながることもあり、早く症状の原因を見つけて処置をしないと長引く場合があります。

主に、腰痛によって足のしびれを感じる場所は、大もも、おしり、足首から先、足の甲、足の裏、・足の指などです。原因は、坐骨神経の通り道が足のしびれを感じさせています。この神経は、人体で最大の長さであり、かつ一番太い神経です。坐骨神経が一番太いところは手の親指ほどの太さがあります。もし、坐骨神経痛になると 足のしびれる症状がかなり強く見られます。

坐骨神経の通り道は、ウエストのラインから足の先まで。ひどい人だとそのすべてでしびれを感じるそうです。その一部だけのしびれの人もいます。一方、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛を経験した人によると、腰痛から始まって苦しみ、足のしびれを感じてから腰痛を感じなくなるほど足のしびれがつらいとのことです。