腰痛と生理は関係ある

腰痛と生理は関係ある

生理中に腰痛に苦しんでいる女性は数多いです。腰痛を引き起こすメカニズムは、生理と「プロンスタグランジン」と呼ばれる物質によるものです。この物質が黄体ホルモンの作用によって、生理の何日か前から開始直後まで子宮よって分泌されるからです。

上の症状は「月経前緊張症」とも言われています。腰痛をはじめ、身体のだるさ、嘔吐感などの症状が見られます。生理開始まで痛みが強いのが特徴です。予防のための対策は、ストレスを抑えること、身体を温めて体内バランスを整えることです。「鍼灸」「整体」などもおすすめです。

一方、生理中に腰痛が発生することもあります。分泌されるホルモン量に比例して腰痛と下腹の痛みを伴うのが特徴です。ホルモン量が多いと、痛みが強くなると言われています。子宮が未熟な思春期の女性が強いようです。逆に、年齢を重ねた女性は痛みは弱くなるといわれています。

生理時の腰痛に対する対策として、生理期間の前後を含めた観察、体内バランスの調整が大事です。そして、ストレスをためない生活を送ること。不正出血や出血量について量に大きな変化がないかも観察しておいたほうがいいでしょう。さらに、激しい痛みを伴う腰痛、倦怠感が継続する場合、専門施設で早めに診察を受けましょう。