嵐・二宮和也が「腰痛」でニュースに

嵐・二宮和也が「腰痛」でニュースに

人気グループ「嵐」のメンバー、二宮和也が腰痛になったことでファンを中心に話題になった時期がありました。2009年ごろです。

二宮和也の症状は、慢性神経痛といわれています。肋間神経痛は寒暖に関係する症状ですが、二宮和也の腰痛で一躍注目を浴びた「坐骨神経痛」は慢性的にずっと腰が痛い症状で当然、無理できません。

そして、二宮和也はこの症状が明るみになる前から、というよりも生まれた時から「腰痛持ち」だったという噂もあり、さらに収録中に座ってしまったり、自分専用クッションを持ち歩いていたりするともいわれています。また、テレビや舞台などで激しい動きをしないのももはや特徴。ずっと立っていると辛くなってしまうほどひどいようです。

ちなみに、坐骨神経痛はとてもつらい症状で、歩いたり座ったりという動作自体が制限され、日常生活で大きく支障をきたします。整形外科で坐骨神経痛と診断されると、シップ薬を処方されたり、牽引療法が行われたりします。症状がかなりひどい場合は、神経ブロック注射や1年以上治らずに通院するのも珍しくありません。

コンサートで痛み止めの注射を打ったり、収録で座ってしまったり、杖を持って登場したりと、ファンの間では「腰痛持ちの二宮和也」として定着しているほどのようです。