腰痛の治療法あれこれ

腰痛の治療法あれこれ

腰痛にはさまざまな治療方法があります。腰痛を治療するに当たっては、どんな治療法なのか、どんな症状の腰痛に効くか、治療法のポイント、そしてそれぞれの治療が受けられる場所を患者自身が把握することが大事です。

まず、腰痛の検査方法としては、問診、視診、触診などを経て、必要であればレントゲン検査をします。さらに不十分ならばCT検査やMRI検査を行う場合も。

そして、整形外科での腰痛治療では、1つが理学療法です。牽引や運動による療法、温熱療法、装具療法、鍼灸・電気による刺激療法など。そして、薬物療法では、内服薬や外用薬で痛みを緩和したり、筋肉の緊張を和らげたり。腰痛の神経ブロック療法では、痛みを感じる神経に局所麻酔薬を注射して痛みを遮断します。その他、手術もあります。

ほかにも、温熱と寒冷の腰痛治療、鍼灸・電気での腰痛治療もあります。

一方、最も身近なのが腰痛に貼る薬。腰痛が激しい時は冷感タイプを使い、少しでも痛みが引いたら温感タイプが効果的といわれています。ずっと冷感タイプを使っていると筋肉が固まって逆効果になるからです。