腰痛が原因でヘルニアになったら

腰痛が原因でヘルニアになったら

腰痛が原因のヘルニアは、正式には「腰椎椎間板ヘルニア」と呼ばれています。この症状は、繊維輪に亀裂が生じて髄核が飛び出すことです。非常に痛みがあり、痺れなどが起きることもあります。また、よくある症状では、激しい痛みや痺れに加えて、坐骨神経痛、冷感、感覚障害、筋力の低下などもみられます。

腰痛におけるヘルニアの自覚症状は、長時間立ったり座ったりが辛く感じたり、30分以上歩くと腰痛を感じて痺れが起きたり前かがみの姿勢が辛かったりなど。ヘルニアの症状が悪化すると排尿障害を起こす場合もあります。若い人にも見られます。

普段、歪んだ姿勢は注意が必要。腰痛を引き起こして将来、ヘルニアになる可能性があるからです。特に、腰痛持ちの人、腰の弱い人は要注意。普段から中腰で重いものを持ったり、腰を強くひねったり、長時間定位置で座ったりしないこと。

腰痛ヘルニアは座り方で予防できるといわれています。たとえば、おしりと背もたれが密着するように深く腰掛ける方法。軽くアゴを引いて背筋をピンと伸ばし、お腹を引っ込めると、ヘルニアの原因となる腰痛を和らげることができます。車の運転時でも同じようにしてみましょう。

ヘルニアは、普段の動作を少しずつ改善していくことが可能です。