腰痛が原因のヘルニアになりやすい仕事

腰痛が原因のヘルニアになりやすい仕事

腰痛が原因でヘルニアになる人はけっこういます。その中で特徴的なのが、ある決まった仕事にヘルニア持ちが多いことです。

たとえば、タクシーや長距離トラックなどの運転手、事務員、看護士・福祉士、そしてスポーツ選手があげられます。いずれも長時間の同一姿勢を強いられる職業、腰に負担のかかる職業といえます。

長距離トラックやタクシーの運転手の場合、狭い空間に座りっぱなしの姿勢になります。腰に負担がかかって使う筋肉が限定的になることで、腰まわりの筋肉が弱っていきます。そして、足腰もまた座りっぱなしによる運動不足から筋肉が衰えていき骨盤も固定してしまうでしょう。事務員も同じです。恒常的な負担が限定的な部分に掛かり続けることによる「疲労蓄積型」といわれています。

一方、看護系の場合はこの「疲労蓄積型」に加えて「突発型」も。お年寄りの方を抱えたりする肉体労働を強いられ、腰に瞬間的な負担がかかることで慢性的な腰痛に悩む人も多いです。

さらにスポーツ選手は「突発型」で若い世代に多いのが特徴。若年層は筋肉が若くてどこかの筋肉が疲労蓄積によって機能不全に陥ったとしてもそのまわりの筋肉が代わりの機能を果たす機能があります。ある筋肉が悲鳴を上げても周囲の筋肉がピンチヒッターを務め、症状として現れない結果、異常がないと判断していつも通り高負荷を体にかけ、ピンチヒッターを機能不全へと追い込んでいきます。本人に自覚がないまま症状が進んでしまうケースです。