妊娠初期に起こる腰痛

妊娠初期に起こる腰痛

妊娠するとお腹がどんどん大きくなって腰痛になる女性は珍しくありません。しかし、まだお腹の大きくない妊娠初期の時期にも腰痛になることがあります。

妊娠初期に腰痛になってしまう大きな原因は、ホルモンです。妊娠中に大量に分泌される「リラキシン」というホルモンが原因で腰痛が起こります。このリラキシンは、関節を緩める作用があります。つまり、赤ちゃんが産道を通る時、身体のそれぞれの関節などへ赤ちゃんを締めつけてしまわないよう、骨盤まわりのじん帯、骨の関節を緩める作用です。もちろん出産に備えるためです。

ただ、このリラキシンによって、妊娠初期から緩んでしまった関節を支えようとして、筋肉やじん帯、関節に普段以上の負担がかかり、その結果、妊娠初期の腰痛を引き起こします。

以上のことから、通常の腰痛とは異なるのがわかると思います。あまりに腰が痛いと思ったら、くれぐれも無理しないこと。特に妊娠中ですから、身体を第一に考えてください。そして、あまり普段、運動していなくて筋肉が付いていない人も要注意。いざ妊娠すると腰痛になりやすいといわれています。