腰痛は妊娠初期にも起こる

腰痛は妊娠初期にも起こる

女性がいざ妊娠するとまずつわりに悩まされると思います。その後、安定期に入るとほとんどの妊婦さんがラクになりますが、それまでのしんどさは経験者でないとなかなかわからないものがあります。そして、妊婦さんの悩みで多いのが腰痛です。特に妊娠後期、お腹が大きくなってくると腰痛になってしまう女性も多いです。

ただ、妊娠中の腰痛は、妊娠初期にも起こることがあります。これもなかなか辛いものがあります。原因は、妊娠中に大量に分泌されるホルモンの影響。このホルモン、赤ちゃんがお母さんの産道を通りやすくするため、子宮まわりの関節や靭帯などを緩める作用があります。

これはこれで出産するための大事なことなのですが、身体のいたるところにある関節などが緩んでしまった結果、通常以上に自分の力で支えないといけなくなって、腰痛に至ってしまうわけです。

妊娠初期から腰痛持ちになると、出産まで大変です。ちょっとでもラクにする方法はいくらでもあります。例えば、腰痛を予防するため、骨盤にかかる負担を減らすのに、腹帯やマタニティーガードルなどを着用すること。また、お風呂で腰を温めるのも効果的。そして、腰痛体操などは担当医と相談して行うほうがいいでしょう。