腰痛からくる怖い「腹痛」の数々

腰痛からくる怖い「腹痛」の数々

腰痛とともに腹痛を伴うことがあります。しかしこの腹痛、ただの腹痛ではない時があるのでくれぐれも注意が必要です。

例えば「腹部大動脈瘤」です。腹部の大動脈の一部が直径3cm以上になった状態で、さらに5cm以上になると血管が破裂する可能性が高くなって危険です。出血によるショックで死亡率も高いです。腹痛や腰痛から来ますが、無症状であることがほとんど。65歳以上、男性、喫煙者、動脈硬化の人に多いとされています。

また「腎盂腎炎」である場合もあります。腎盂腎炎とは、腎臓にある腎盂、腎実質、腎杯が細菌感染で炎症を起こす病気です。急性型と慢性型があります。40度前後の突然の高熱、悪寒、震え、腰痛、即腹痛、頻尿、血尿などの症状が出ます。女性に多く見られる症状で、子供や高齢男性の場合はほとんどが尿流障害といわれています。急性型だと症状が出るため、緊急入院を余儀なくされます。前立腺肥大症などが原因の場合は、腎盂腎炎より先にそちらの治療が優先されます。

いずれにせよ、早期発見がカギ。早めに病院に受診して腰痛の原因を突き止めるのが大事です。