妊娠による腰痛 2つの原因

妊娠による腰痛 2つの原因

妊娠すると、大きく分けて2つの原因によって腰痛が発生しやすくなります。
一つは、お腹が大きくなることで身体のバランスが崩れることによる筋肉疲労、腰椎への圧迫です。
もう一つは、ホルモンのバランスの崩れです。

後者について、少しく詳しく説明します。
妊娠することで、女性ホルモンの1つである卵巣ホルモンの「リラキシン」が妊娠後3ヶ月過ぎる頃から、産後数日まで分泌します。
このリラキシンには骨と骨をつなぐ靭帯を緩める作用があり、靭帯が緩むことで、関節の可動範囲が大きくなるので、それを防ぐために関節周りの筋肉が硬く収縮・緊張を起こします。
この結果、骨盤周囲から腰、股関節あたりにかけて痛みが生じます。

妊娠後期だけでなく、妊娠初期から、腰痛が起きるのはこの理由からです。
この理由に加え、赤ちゃんが大きくなるにつれ、物理的にも腰に負担がかるため、腰痛が悪化します。
妊娠中の腰痛を少しでも防ぐには、妊娠前に腰周辺の筋肉を鍛えておくと腰痛防止効果になります。