腰痛予防に効果ある腹式呼吸

腰痛予防に効果ある腹式呼吸

腹式呼吸は、胸とお腹の間にある横隔膜を動かして呼吸するので、そのことだけで自然に腹筋が強化されることになり、腰痛予防に役立ちます。
腹式呼吸は、場所を選ばず、お金もかからず手軽に行えます。
そして、腰痛予防の効果だけでなく、以下のような数々のメリットがあります。

1)ストレス解消
2)内臓強化
3)ダイエット
4)冷え性解消
などに効果があります。

腹式呼吸は、胸式呼吸よりも3倍程度酸素を多く取り込むことが可能といわれ、酸素が体に十分取り込むことで、リラックスでき、頭がすっきりします。
その他、胃腸にも良く、冷え性お改善にも繋がります。
腹筋も鍛えられるのでお腹のぜい肉もつき難くなります。
また、自律神経に作用しリラックスできてストレスの解消効果もあります。
更に横隔膜が動くことで内臓全体に刺激が行き渡り内臓が強化されます。
血流もアップし冷え性の改善が可能です。

腹式呼吸は簡単で、まず、お腹をへこませながら、息を口からゆっくり吐き出します。次に、鼻からゆっくりと息を吸い込みお腹を膨らまします。