腰椎すべり症の症状と手術に至るケース

腰椎すべり症の症状と手術に至るケース

腰椎すべり症は、椎体にかかる垂直荷重を分散させるために前方に湾曲している椎体が必要以上に前にすべり出している状態を言います。椎体の前方湾曲自体は、決して特別なものではないのですが、腰痛や下肢のしびれが出現している場合は、腰痛としての治療が必要となります。

また腰椎すべり症は腰痛症のなかでも、発症原因が色々あることから、治療を進めるにあたって椎体の前方湾曲の原因を精査して、症状に合った治療方法を検討しなければなりません。

まずすべり症によって腰痛が出ている場合、最初に疑われるのは、分離症由来のすべり症かどうかということです。すべり症の原因となる分離症とは、椎弓の疲労骨折や関節突起の分離です。分離由来の腰椎すべり症は、分離している部位の安定性をあげなければなりません。年齢によっては椎弓の癒合などは難しくなりますが、安定性を高めることは年齢を問わず可能ですから、筋力強化や装具治療などを進めていくことになります。

分離すべり症以外では、椎体自体の変性が原因で前方すべりが強まっていることが考えられます。そして椎体の変性や形成不全によってすべりが出ている場合は、神経への圧迫が起きている可能性がありますので、MRI検査での確認が必要となります。神経を圧迫している場合は、腰痛だけでなく下肢のしびれが自覚症状としてあらわれているはずですので、医師に伝えるようにしてください。

腰椎すべり症で手術が必要と判断されるのは、椎体の形成不全が酷く、椎体下垂症に至る可能性が高い場合、分離型のすべりでも、すべりの度合いが強い場合、脊柱管狭窄症に発展していて、直腸暴行障害が強く出て日常生活に支障をきたしている場合などです。

腰や下肢に異常を感じたら、早めに専門医にみせて、初期段階で治療を進めていくことが手術を回避する手だてとなります。たかが腰痛と軽く考えないことが手術を避けるための心構えと言えます。