ぎっくり腰はまず無理をしないことが肝心

ぎっくり腰はまず無理をしないことが肝心

ぎっくり腰は急性の腰痛の総称です。一般的に、無理な姿勢で重い物を持ち上げた時や、急に腰を捻った時などにぎっくり腰に見舞われることがあるわけですが、他にも、長時間のデスクワークの後、椅子から立ち上がろうとしても力が入らず、そのまま立ち上がることができなくなるということもあります。

ぎっくり腰(急性脹痛)をおこすと、「このままずっと起き上がってあるくこともできなくなるのでは?」と思ってしまいますが、絶対安静を2日か3日間続けるとある程度動けるようなります。治りの早い方だと3日目には何とか仕事に復帰出来るようになりますので、あまり深刻にならないことです。

ただし、はじめの3日間にぐらいのなかで無理をしてしまうと、痛みや炎症の引きが遅れるだけでなく、一度治ってもぎっくり腰を繰り返すなど、かえって仕事に支障をきたすことになります。今はよく効く痛み止めもあるので無理する方もなかにはいるようですが、最初にしっかり安静にできることがぎっくり腰(急性腰痛)の再発を防ぐカギとなりますのでご注意ください。

ぎっくり腰になると、とにかく動くと痛いので、安静にしていても寝返りをうつことも我慢してしまいます。この急性腰痛の激痛、動けない痛さの原因は、仙腸関節の損傷、腰椎の損傷、背筋・筋膜の損傷等がおもなものとなっています。

仙骨関節の損傷は、ぎっくり腰でよく言われるところの、お尻のえくぼあたりにあらわれる痛みが特徴です。仙骨関節が痛むと背筋に緊張と痛みが及ぶほか、脚にも痛みやしびれがあらわれるケースもあります。

腰の中心部が痛むというのは、おもに腰椎が損傷を受けているケースで、腰椎にしたがって背筋が緊張しますので、仙骨関節の損傷と同じように下肢にも痛みがあらわれることがあります。

背筋と筋膜の損傷が原因のぎっくり腰は、仙骨関節や腰椎の損傷の合併症と考えられることが多いのですが、炎症・痛みの発端が背筋・筋膜の損傷である場合に、この原因を疑うことになります。

ただしぎっくり腰の原因の多くは、仙骨関節や腰椎がダメージを受けて発症していると考えておくと分かりやすいでしょう。