冷シップと温湿布の使い分け

冷シップと温湿布の使い分け

腰痛をはじめ、捻挫やぎっくり腰などの痛みに湿布を使うことが多いですが、冷湿布が良いのか温湿布が良いのか悩むときがあります。

使い方は、患部が腫れたりなどして炎症を起こしているような急性の痛みは冷湿布を使います。
一般的に痛みが起きてから2-3日は炎症が起きているので冷湿布が使います。
尚、症状によって炎症が起きている期間は異なるので、腫れが長引くときなどは医師に見てもらうようにしましょう。

急性期がすぎて、炎症がおさまって慢性化しても、違和感や痛みが残っているようであれば、今度は血行を良くするために温湿布を行います。
温湿布の変わりにタオルをお湯で温めて、更にラップで覆うと熱がこもり温める効果が強く、長い持間持続出来ます。

温湿布、冷湿布と言っても、そこに含まれている成分次第では、大きな違いがない場合もあります。
その場合は、単に使って気持ちが良いと感じる方を使うことで問題ありませんが、症状が好転しない場合は、早めに医師に見てもらうようにします。