日常の動作別に腰の痛みを感じるときの対策

日常の動作別に腰の痛みを感じるときの対策

日常動作によって、腰への負担は大きく違ってきます。
同じ動作を繰り返していると同じ箇所への負担が継続するので、そのような場合は腰の痛みを感じるときが多い動作に対して、より大きな注意を払い避けることで腰痛の予防に役立ちます。

1) 前かがみの姿勢になると腰が痛む
原因は、前かがみの姿勢は考えている以上に腰に大きな荷重がかかっているからです。
その理由はテコの原理で状態が腰から離れれば、離れるほど状態の重みは腰に何倍にもなって荷重がかかります。
日常生活では、炊事、洗濯、掃除など腰をかがめる動作がつき物です。
極力、前かがみになることを避けることは当然ですが、避けざるを得ないこともあるので、長時間、同じ姿勢を続けた後はストレッチをして筋肉の疲労を取り、筋肉を休めましょう。そして背筋を鍛える運動を行います。

2)座り続けていると腰が痛む
原因は、腰に負担をかけない座りかたが難しいことに加え、長時間同じ姿勢をとり続けると血流が悪化し、筋肉が緊張することで、神経を圧迫しやすくなり腰痛が起こります。
予防には、座るときに姿勢を意識して、悪い姿勢になっていないか気をつけます。
座っていると足の疲れがない分、上半身の姿勢が悪くなりやすい姿勢をしがちです。
長時間、同じ姿勢を続けたら、ストレッチ運動を定期的に行って筋肉の緊張をほぐします。

3)上体を伸ばす姿勢になると腰が痛む
腰を後ろにそらしながら上体を伸ばすと痛む腰痛は、伸展障害型腰痛と呼ばれています。
背伸びをしたり、物を持ち上げるときにも背骨が伸びます。
背伸びする動作は腰に負担をかけます。重いものを持ち上げるときは、腰を落として、できるだけ直立姿勢で持ち上げる、また高いものを取るときは背伸びをしなくても良いようにして取るなど気をつけるようにして予防します。