TMS理論について

TMS理論について

TMSとは、緊張性筋炎症候群(Tension Myositis Syndrome)のことで、ニューヨーク医科大学で臨床リハビリテーションの教授をしているジョン・サーノ博士によって発表された「心」が緊張することで筋肉や神経などに影響を与えて痛むという理論のことです。

従来の腰痛の治療法を試みても治らない患者が非常に多いことは、脊椎や筋肉の異常などが原因とする従来からの常識とされている原因は科学的根拠がないと指摘しています。
そして、真の痛みの原因は、身体的な障害ではなく、心理状態から起きているとしています。
TMSでは、慢性的なストレスによる自律神経が血行悪化を招き、その結果、酸素欠乏を起こすからであり、その根本的原因は、抑圧された無意識下での怒り、不安などの感情であるとしている理論です。
この理論は、リラックスして親しい友人と楽しい会話をしていると、腰の痛みを感じなくて、ストレスを感じるような会話をしていると腰に痛みを感じることが多いことからも実感できます。

無意識下で抑圧された怒り、不安の感情が意識できるようになると、その怒り、不快な感情の意識をそらせるために体に痛みを起こさせるとTMS理論は言います。
この理論で実際に、アメリカでは多くの人が痛みから解消されたという実績があります。原因が明らかな腰痛は別にして、原因が分からない腰痛にはこのTMS理論はトライする可能性を秘めています。