腰痛になりにくい靴選び方法

腰痛になりにくい靴選び方法

一般的に、多くの人の靴底は、長く履いた靴であれば均一に摩耗しないで、偏った擦り減り方をしています。
これは、体の重心がずれて歩行していることから起きる現象です。
このような歩き方を続けていると、ひどい場合は骨盤の歪み、腰椎の異常を引き起こし腰痛の原因となります。
女性の高いハイヒールも腰痛の原因になります。
これは、ハイヒールを履くことによって、必然的にお腹が前に突き出るので、そのバランスを上半身で取ろうと猫背気味になります。
この姿勢は腰痛持ちの人に多く見られる姿勢です。
腰痛対策や健康対策にウォーキングを行う人が多いですが、姿勢が悪くなる靴で行うと、いくらウォーキングを行っても腰痛が良くならないことになります。
以下のような点に注意して靴選びを行うと良いでしょう。

・靴底の広い靴。
・ヒールのある靴は、ヒールがかかとの中心にある靴、及び高すぎない靴
・靴底に余分な凹凸がない靴
・靴の先に弾力ある靴
・くるぶしに当たらない深さの靴
・靴先の曲がる部分が、靴を履いたときに足指の関節の付け根にくる靴

サイズを選ぶときは、夕方の足のむくんだ時にします。午前中に選ぶときは、少し緩めのサイズにします。

尚、上記とは全く逆に、足元を不安定することで普段使わない筋肉を鍛え、姿勢を良くする効果を謳った靴があります。
これによって、姿勢が良くなり、歩行方法が改善され、結果として腰痛・肩こりが改善できるようになります。
また、消費カロリーの増加でダイエットやふくらはぎの筋肉が強化され、血行がよくなる効果が得られます。
最初から、矯正目的に作られている履物であれば、バランスよく筋肉が鍛えられますが、そうでない場合は、特定の筋肉のみを使用するので悪影響が出やすいのでしょう。