厳しい寒さは腰痛・肩こり・神経痛の原因

厳しい寒さは腰痛・肩こり・神経痛の原因

冬の厳しい寒さは、どうして腰痛・肩こり・神経痛などの原因になるのでしょうか。
それは、 身体の筋肉が寒さによって、収縮し固くなります。これは、経験でも感じることです。
すると、筋肉と筋肉の隙間を通っている皮神経(末梢神経)と呼ばれる痛みなどの感覚を伝える知覚神経が筋肉の収縮によって圧迫され、傷つくことが起こります。この神経は痛みを伝える神経ですが、自分自身が傷ついてもその痛みを当然伝えることになります。
この末梢神経は身体全身に張り巡らされているので、筋肉が収縮するところなら、どこでも傷つくことが考えられます。
そのため、冬の時期は暖かい時期に比べると痛みを感じることが多くなります。
寒い時期は、早めに暖かくすることが予防策になります。

寒いと、動くことが億劫になって運動も少なくなり同じ姿勢を取りがちになります。
また、寒いと血行も悪くなり、血行が悪いと疲労物質が蓄積して、筋肉が固まるという悪循環が起こります。