身体のいろいろな痛みの原因と治療法

身体のいろいろな痛みの原因と治療法

腰痛、肩こり、頭痛やひじ、ひざなどの関節痛、その他の痛みや痺れ、けいれん、高熱、めまいなどの身体の異常の原因は大きく分類すると以下の4つに集約することができます。

1)物理的な身体の損傷:刃物による切り傷、刺し傷や打撲による骨、内蔵、皮膚の損傷などによる場合。
2)腫瘍などによる身体の組織細胞によって構成される器官の構造的・形状的な性質の変化が生じている場合。
3)老化による身体の機能の劣化、低下した場合。
4)筋肉、関節、骨などの機能異常が身体の表面に現れる場合。

主に1)から3)は、外科的、内科的な西洋医学による治療が必要になります。
3)の一部や4)は主として、カイロプラクティック、鍼灸、マッサージ、整体などによる治療法が効果をあげています。
これらの療法では、痺れや痛みなどを引き起こしている筋肉、関節、及び頸椎・腰椎などの骨格などを刺激することで痛み取り除いたり、痛みを緩和することが行われます。

痛みなどの原因を知って適切な治療法を選んだり、組み合わせることで早い完治が期待できるようになります。
2)、3)、4)は区別がつき難い場合があるので、じっくり原因について医師などに考えられる原因を確認とるようにすることで、思うように治療の成果が上がらない時の指針にできます。