腰痛予防に腹筋を鍛えることだけで十分か?

腰痛予防に腹筋を鍛えることだけで十分か?

腰痛予防に腹筋、背筋を強くすることが必要とよく言われています。
しかし、腹筋だけでは不十分です。
腰椎を支えているのは、身体の前後の筋肉であることは確かですが、身体の前の筋肉に関しては腹筋以外に、腹圧が腰椎を支えるために大きな働きをしています。

腹圧は体力の状態に関連しており、元気な人は腹圧も高く、体力が衰えると腹圧が低くなります。
この腹圧は、呼吸法に関係し、深い呼吸をする人ほど腹圧が高くなります。
腹圧を高めることで良くなる腰痛もあるほどです。

人間の身体は、横隔膜を境にして、「胸腔」と「腹腔」に分かれています。
この「腹腔」の中の圧力が腹圧です。
「腹腔」には胃や腸などの内蔵が入り、「胸腔」には心臓や肺などの内蔵が収まっています。
腹圧を高めるには、腹式呼吸法を行うことが効果的です。
腹圧がないことは、空気のあまり入っていない風船のようなもので、しぼんでいます。
しぼんでいることが良くない理由は、ここに収まっている胃や腸などの内蔵が圧迫されて、血行不良などに陥ることで、筋肉の収縮を招くから腰痛の原因となります。