土踏まずの効用とは

土踏まずの効用とは

土踏まずは、二足歩行している人間にしかなく、他の動物にはないものです。もっと、正確に言うと、幼少期を過ぎた人間にあるのであって、歩かない、歩き始めて間もない赤ちゃんには土踏まずはありません。
この土踏まずは、目立たないですが、二足歩行の人間にとって非常に重要な役割を果たしています。
これもまた、正確に言うと、土踏まずが重要な役割を果たしているというよりは、土踏まずができるような足の裏の構造が重要な役割を果たしているというべきでしょう。

その構造の結果として、土踏まずができています。土踏まずができると言うことは、足の裏がアーチ状になっていることを示しています。
このアーチ状は橋の構造などにも見られるように力を分散して橋を支える役割を果たしています。
足に関しても同様で、走ったり、飛んだり、歩いたりすることで、地面からの衝撃をここでクッションの働きをして吸収しています。
この結果、土踏まずがない=アーチ状に足の裏がなっていないと疲れやすくなり、腰痛になる可能性も高くなります。

現代人は、歩かなくなったこと、衝撃を和らげる靴を履くことなどでしっかりしたアーチ構造の足=土踏まずのない足が増えています。
その結果、腰痛を持つ人も増加していることになっています。
土踏まずは、つま先立ち歩きをすることで、成人していても作ることが可能です。
一度、足の裏をじっくり見て、土踏まずがないようでしたら、少しつま先立ち歩きをして土踏まずを作りましょう。腰痛の改善・予防に効果が期待できます。