鍼灸が効果的な理由

鍼灸が効果的な理由

鍼灸の効果には、科学的なアプローチで国内の研究機関のみならず海外においても多数行われています。
それらの研究でいろいろな報告がなされていますが、総合すると鍼灸による刺激が、身体の自律神経、内分泌、免疫力などに作用し、そしてその結果、血液やリンパの循環が改善され、また身体の緊張の緩和が起こり、人間の身体が本来持っている自然治癒力を高めているのではないかと考えられています。

そのほかに、鎮痛の効果がある理由として、以下の説が唱えられています。
・鍼灸の刺激によって脊髄に痛みの伝達を抑制するゲートコントロールが働き、痛みが和らぐ。
・鍼灸の刺激が快感ホルモンであるβ-エンドルフィン(脳内モルヒネ)の分泌を促進し、痛みが緩和されることが考えられる。
・末梢神経の痛みの伝達を鍼灸の効果によって遮断し痛みを抑制する可能性がある。
・ツボが刺激されることで痛みを感じ難くなることと推測される。
・鍼灸によって血行が改善し、筋肉の緊張が緩和され痛みの発生を抑止する効果がある。