鍼灸マッサージ治療を健康保険で受けるには?

鍼灸マッサージ治療を健康保険で受けるには?

健康保険で鍼灸治療は、以下の6種類の疾患に対して、医師の同意がある場合に受けることができます。

1)神経痛:身体のあらゆる箇所の慢性的な疾患に適用されます。坐骨神経痛などが含まれます。
2)リウマチ:急性、または慢性で関節が腫れて痛む症状を呈しているもの。医師によるリウマチの診断が成されている必要があります。
3)頚腕症候群:頚(首)から肩、腕にかけて発生する痛みが対象となります。
4)五十肩:肩関節に強い痛みが発生し、腕が上がらない症状の病気。
5)腰痛症:慢性、急性の腰痛を含みます。
6)頸椎捻挫後遺症:むち打ちなど頚(首)の外傷でおきる症状。腰痛や神経痛など

実際に健康保険で治療を受けるには、まず、治療を受けたい鍼灸院(健康保険治療に対応している鍼灸院である必要があります)で「同意書」を貰って、その同意書を今まで治療を受けていた医師に必要事項を書き込んで貰うか、または医師に病名、症状、発病年月日、鍼灸治療が適切であると判断できる診断書書いてもらい、保険証、印鑑を鍼灸院に持参する必要があります。
注意事項として、以下があります。

1)鍼灸院で治療を受ける前に、医師の治療を先に受けていること。
2)保険で、鍼灸院で治療を受けている間は、治療を受けている病気に関して、
その期間は、病院で治療を受けることができません(他の病気は受けることができます)。
3)3か月を越えて、鍼灸院での治療を受けるには3か月ごとに同意が必要で、この場合の同意は、同意書は不要で口頭で問題ありません。 2002年6月以前は、6ヶ月間で65回までの治療という制限がありましたが、現在は撤廃されています。