腰椎椎間板ヘルニアの痛みの原因

腰椎椎間板ヘルニアの痛みの原因

腰椎椎間板ヘルニアは、椎骨に挟まれている椎間板の変性によっておこる腰痛ですが、初期の変性だけでは、椎間板ヘルニアとは言えません。画像検査で椎間板の変性が確認できるケースは非常に多いのですが、変性の段階でヘルニアの強い痛みを発症する例はほとんどありません。通常椎間板ヘルニアと診断されるのは、椎間板の変性がさらに進み、椎間板内の髄核が突出して、神経を圧迫している状態です。この状態を呈していて、さらに痛みが生じているとなれば椎間板ヘルニアと言えます。なかには、椎間板の突出が認められても痛みがない方もいますので、当たり前ですが痛みがあるかないかは重用な診断基準となります。

椎間板ヘルニアの痛みの原因は、椎骨間の椎間板が飛び出して、神経を圧迫することにあるわけですが、椎間板の変性が進んで髄核が線維輪を破断してしまうことによる痛みも考えられます。ただし痛みが生じるいちばんの原因は、やはり神経根と馬尾神経を圧迫しているからだと考えられます。

神経根とは下肢に向かって伸びる神経で、下肢のしびれや痛みを引き起こします。ただし神経根は左右に分かれていますので、圧迫障害を受けているのはどちらか片方の神経根である場合がほとんどです。したがって姿勢のとり方によって痛みを回避できる場合がありますので、強い初期痛を緩和するために、できるだけ痛まない姿勢をとるということは有効です。

馬尾神経は脊椎の中央を走り、神経根と同様に下肢へむかって伸びていますが、神経根と違うのは陰部にも伸びていることから、馬尾神経が圧迫障害を受けると、直腸・膀胱障害がおきてきます。馬尾神経が圧迫障害を受ける腰痛には脊柱管狭窄症もありますが、馬尾神経が圧迫されると、腰痛の痛みはやや強くなり、あまり痛みがひどい場合は、すぐに手術しなければならない場合もあります。また馬尾神経の圧迫によって、直腸膀胱障害がでると、排尿遅延や残尿感になやまされるほか、便秘を引き起こす場合もあります。さらに膀胱障害が進んで尿の排泄が困難になると、神経圧迫を取り除くために手術をしなければならなくなります。

同じ椎間板ヘルニアでも、馬尾神経が圧迫障害を受けると、治療も何かと厄介になっていきます。