WHO(世界保健機関)が認める鍼灸療法が効く疾患

WHO(世界保健機関)が認める鍼灸療法が効く疾患

WHOがアメリカの国立衛生研究所(NIH)の見解として、鍼灸療法の病気に対する効果として、西洋医学の代替治療として有効であること、及びその効果の科学的根拠を発表しています。
一般的な認識としては、鍼灸療法の効果は肩こりや腰痛、神経痛及び関節炎などであるとしか効果が無いように思われています。

しかし、WHOの報告では実に多くの症状や病気に効果があるとされています。
WHO(世界保健機関)よって、鍼灸療法の有効性が認められている主な症状、病気には以下があります。
1)運動器系疾患:腰痛、五十肩、腱鞘炎、リウマチなど
2)神経系疾患:神経痛、神経麻痺、痙攣、脳卒中後遺症、自律神経失調症、神経症、ノイローゼ、ヒステリーなど
3)循環器系疾患:心臓神経症、動脈硬化症、高血圧低血圧症など
4)呼吸器系疾患:気管支炎、喘息、風邪など
5)消化器系疾患:胃炎、胃酸過多、胆嚢炎、肝機能障害、肝炎、胃十二指腸潰瘍
6)代謝内分秘系疾患:バセドウ氏病、糖尿病、痛風など
7)生殖、泌尿器系疾患:膀胱炎、尿道炎、性機能障害、腎炎、前立腺肥大など
8)婦人科系疾患:更年期障害、生理痛、冷え性
9)耳鼻咽喉科系疾患:中耳炎、メニエル氏病、鼻炎、ちくのう、へんとう炎
10)眼科系疾患:眼精疲労、結膜炎など
11)小児科疾患:小児神経症、小児喘息、アレルギー性湿疹など