保存療法 AKA法とは

保存療法 AKA法とは

AKA法とはAKA博田法とも呼ばれる日本の博田医師が1979年から開発を始めたという手技による治療法です。
AKA法は、開発当初は動きに制限のある関節を回復させることを目的として始められましたが、研究途中で関節の可動性を調整することと身体の痛み・不調などが関連しているのではという仮説を立てられることが判明し、更に研究が進められた方法です。

AKA法が修正を目的とする基本は、「仙腸関節」と呼ばれる箇所で、この関節のわずか1ミリから2ミリの歪みを捉えて調整することにあります。
この関節は最大での4ミリしか動かないので、調整の治療は非常に微妙で難しい情報です。
ただし、この関節だけにこだわるのがAKA法ではなく、体中の関節を調節することも行われます。
AKA法は、痛みを抑制する鍼灸や整体、カイロプラクティックのように痛みを直接軽減させるための治療法ではなく、本来の役割・目的は痛みの軽減ではなく、間接可動性の向上であって、痛みは結果的に軽減するという考え方に立っています。

AKA法による手技施術が適している病気・症状は下記となります。
・腰痛椎間板ヘルニア
・変形性膝関節症
・変形性股関節症、その他関節の機能障害が原因となって起きている症状 等

逆にAKA法による手技施術が適していない病気・症状は下記です。
・内臓や神経系によって起きている痛み
・化膿性関節炎
・悪性腫瘍 等

AKA法の問題点は、1ミリから2ミリのわずかな歪みを手の感覚で感じ取り微調整を加えるので熟練、集中力が要求される治療法で施術者が少ないこと、そのために施術を行っている病院が少ないことです。また、1人で診察できる人数が少ないことです。
2008年現在で、AKA法を行う医師は全国に58人しかいません。
AKA法は病院で行われますが保険診療外で費用は、病院によって異なりますが、初診料は1万円で、治療1回当たり1万円弱です。

AKA法に対する批判としては、仙腸関節の動きを改善することで、痛みが解消されるという現が理論的には解明されていないという点があります。