オステオパシーとは

オステオパシーとは

オステオパシーはアメリカの医師であるアンドリュー・テーラー・スティルが開発した手技療法です。
アメリカでは医学として認められた治療法となっています。
カイロプラクティックとその治療法は共通していることが多いのですが、オステオパシーは「医師」によって開発されたれっきとした西洋医学の一分野であることです。
医師が開発したからといって全てのもが権威ある、効果があるとは言えませんが、少なくともアメリカで医学として成立している点では、カイロプラクティックよりも上位の治療法と言えます。

オステオパシーには、4つの原則を前提に、治療にあたります。
その原則は以下の通りです。
1)人間の身体は1つのユニットとして機能するものである。
2)健康とは全身の調和があって初めて成り立つものである。
3)人間は自然治癒力を生まれながらに持っている。
4)人間とは物質によって構成されている。

カイロプラクティックが背骨を重要視するのに対し、オステオパシーは全身を対象に人体を捉えます。
オステオパシーでは、基本原則にあるとおり、人間の身体を全体として捉え、健康になるには、全身の調和を図る必要があり、それが成立することで実現できるという理念があります。
この考えに基づき、頭から足先までを診察し、施術が行われます。

オステオパシーでも、骨格矯正が行われますが、その目的は全体の調和を乱す原因が骨格の歪みであれば矯正を行う視点で実施されます。あくまで目的は全体調和であって、骨格の矯正のみが目的ではありません。

オステオパシーの具体的な施術方法には、既存の保存療法であるマッサージ、骨格矯正、温熱療法、物理療法(牽引など)治療が用いられます。

オステオパシーの治療を受ける人の代表的な症状としては、慢性椎間板ヘルニア、急性椎間板ヘルニア、肩こり、
四十肩/五十肩、坐骨神経痛、関節リウマチなどがあります。

オステオパシーは、日本では民間医療法の一つです。
治療費用には保険は適用されず、自費診療となっています。
平均的な治療費用は、10分1,000円前後が多いようです。
オステオパシーはアメリカで医学として認められている程なので、効果は海外では高い評価があります。
日本では、その優れた効果が十分に認められていません。

良く似た言葉に「ホメオパシー」がありますが、全く関係ありません。