オフイスで腰痛対策簡単ストレッチ 

オフイスで腰痛対策簡単ストレッチ 

人間は、二足歩行をすることになったため、身体の姿勢を維持し、倒れないように無意識にバランスを取るために身体を傾けています。
その結果として、腰に強いストレスをかけています。
また、イスにすった状態は腰に良くなく、長時間イスに座った仕事は腰を傷めます。
そこで、オフイスでもできる簡単ストレッチをしましょう。

まず、椅子に座った状態で身体を緩めることから始めます。
その際に、呼吸を「吸う」「ゆっくり吐き切ってから一旦止める」を繰り返します。
息を止めるのは、息を吐く途中ではなく、必ず息を吐き切ってから少し止めるようにします。
また、身体がしっかり伸びていることを意識して行います。
尚、強い腰痛がある場合はこのストレッチは控えます。

ストレッチ方法
1)イスに座った状態で、呼吸をしながら、身体を左右の傾け、脇腹を交互に伸ばします。
2)イスに座った状態で、右足を左脚の上にかけますが、右足は床と並行になるようにして足を組みます。
次に、軽く両手が机に付く程度まで椅子を机から話して、ひじが軽く曲がる程度に机に手をつき、前傾姿勢になるように息を吐きながらゆっくり腰から身体を曲げます。
4)呼吸に気を付けながら、10回繰り返します。
5)左右の脚を入れ換えて同じことを繰り返します。
6)左右両足が終わったら、足は組まずに、机に同じように手を伸ばして背中を丸めます。
7)次に、頭、背中、腰と伸ばして無理をしない程度に反りかえります。
8)10回繰り返します。
9)次に、イスの背もたれに背中をつけないように座り、身体を左にねじって、左右の手でイスの座面の左端をつかみます。
10)次に、両手はそのままの状態で、息を吐きながら、ゆっくりと今度は右側にねじっていきます。この時、身身体を無理をしてねじらないようにします。
11)10回繰り返したら、今度は両手を逆にして10回行います。
12)今度は、イスから立ち、両足を肩幅に開き、軽く内また状態で立ちます。
13)次に、息を吐きながら、右足に重心を置き右にひねっていきます。
14)無理をしない程度までひねったら、左手は身体の側面につけたまま、右手を上にあげます。この時に腰、お腹が前に出ないように注意します。
15)ゆっくりと手を下げ、身体を正面に戻します。
16)左右交互に5回ずつ、繰り返します。